ソープは風俗のジャンルの中で最も快感や興奮が味わえる

SOAP LAND

SOAP LAND

雄琴のイメクラ系ソープランド紹介その1

目を閉じる女性

雄琴は関西圏でもトップクラスの規模を誇るソープ街があり、そこには40軒ほどのソープランドが営業を行っています。雄琴のソープランドには基本的なサービスを突き詰める王道ソープから様々なコンセプトを持って非日常空間を演出するソープなど種類は多く、今回は雄琴で平成28年3月頭の時点で営業をしているイメクラ系のソープランドの紹介です。

■ オフィスラブがテーマ 大手町商事 ■

女性の社会進出も進み、ビジネスの場にスーツ姿の女性も増えてきています。スーツで働く女性というのはカッコイイもので、そういった女性と遊びたいという男性諸氏も多いことでしょう。そういった願望を叶えてくれるのが、この大手町商事です。 スーツが基本のコスチュームとなっていて、プ○イルームには社長椅子と呼ばれる豪華な椅子とデスクがあり、椅子とデスクで楽しむもよし、ベッドで楽しむもよしと様々な遊び方が出来るようになっています。 お風呂では女性は服を脱がずに洗ってくれるとか、コスプレ系にありがちな「すぐ服を脱いでしまう」というちょっと残念になりがちな部分もしっかり抑えているのが嬉しいところ。 在籍している女性のタイプも多く、美人な同僚OLや憧れの社長秘書などなど、どのようなニーズにも応えられる選択肢で、料金も60分総額24,000円を基本に、80分100分とロングコースもあります。

■ 江戸時代を思い起こさせる花魁がテーマ さくらん ■

ソープランドというのは、江戸時代などにあった遊郭の花魁遊びが組み込まれていると言われ、時代を経てその面影は薄れていますが未だに端々にその名残があります。その源流に立ち返れと言わんばかりに強く花魁を打ち出したのが、このさくらんです。 洋風のテイストが多い中で、和のテイストを強く打ち出したこの店は、店の内装や外装もしっかりと和風になっており、一歩店に踏み入れれば、日常とは全く別の雰囲気を味わうことが出来るでしょう。 女性の衣装は現代風にアレンジされた改造浴衣、下着はふんどしと徹底されていて、女性自体も茶髪などではあるものの、だからこそ出る魅力というものがありますので、現代人でも実に馴染む魅力あるコンセプトとなっています。 基本コースは60分総額24,000円、80分100分のコースもあり、それらを組み合わせたロングコースにも対応しています。

両店ともにメビウスグループという大手グループの系列店なので、安定したサービスが期待出来ます。しっかりとした作り込みで雰囲気はバッチリ、非日常を堪能することが出来るでしょう。